ポスティングを効果的に【料金・ポイント・エリア設定】

読んでもらえるチラシ

読んでもらえるチラシ

商売の広告をポスティングしても反響がないことがあります。その原因はチラシの構成にあることが多いのです。

 

まずは、チラシの下書きができたときに、自分がミソノ商品を購入しようと思うものでなければ、他人が見てその商品を購入しようとは決して思うことはありません。

 

また、詳しく説明したいからと言って、細かい文字を羅列しても、読んでくれるような方はいないと思った方がいいでしょう。

 

ポスティングチラシもホームページもすべての言葉が考えられていなければいけません。逆に、説明だけでなく、情報の裏付けや考えが入っている内容のものはほかのポスティングチラシとの差別化を図ることができます。

 

また同じ言葉でも、カタカナやひらがななど表記を変えることで違った飲用を持たせることができます。

 

ありがとうございます。
有難うございます。
有難う御座います。
アリガトウゴザイマス

 

同じ発音でも文字にしてみると、印象が変わってくるものです。また書体によっても同じことが言えます。ご自身の商売にあったフォントを使うことも成功の秘訣です。

 

感じ、カタカナ、ひらがなをどのように使用するのかによって、イメージを作ることができるので、このテクニックはチラシにはぜひ取り入れるようにしてください。