ポスティングを効果的に【料金・ポイント・エリア設定】

ポスティングでのピンチ

ポスティングでのピンチ

事業の宣伝でとても有効なポスティングでは、手順としてはまず、予算ありきです。その次に配布エリアを決定してサービスの内容を定めます。予算にはもちろん上限があるために配布枚数がおのずと決定されます。

 

もちろん、エリアを設定するときにも概算で枚数と一致させるのですが、配布当日になって、チラシが余ってしまうということが起こることがあります。これは、とてももったいないことです。

 

予定枚数通り配布することができれば一番いいのですが、そうピッタリに収まることはそうそうありません。

 

その時のために予備の配布エリアを事前に設定しておくことも、対処方法の一つです。

 

これ以外のピンチ例としては、景品などが足りなくなってしまうことです。その時にもポスティングの際に想定しておくことでピンチを乗り切ることができます。

 

景品が買い足すことが可能なら、なくなる前に補充に行く。そのほかには引換券などを配布するのもいいデス。チラシを持って来店されたお客様に損をしたと感じさせないことがとても大切です。

 

たとえピンチに陥っても、全力でお客様に満足してもらうように行動することです。ポスティング業者にチラシ配布を注文するときに注意することは、ポスティング会社は配布の効率を考えるので、一気に配ってしまえる集合住宅を中心に配布したがります。