ポスティングを効果的に【料金・ポイント・エリア設定】

チラシの判断は1秒で決まる

チラシの判断は1秒で決まる

商売の宣伝をするために、できるだけ多くの方にチラシを配りたいので、ポスティングを地用する経営者は数多くおられますが、その戦略を間違うとポスティング費用だけが掛かって、全く成果を上げることができないケースがあります。

 

まず、消費者の目に留まるキャッチコピーの部分を重要視することです。ポスティングチラシを手にしたお客様はまずこの部分を見て、必要でない場合には1秒でごみ箱行きです。

 

そのチラシに記載されているサービスがどんなに良くても、店舗がどんなに素晴らしくてもです。

 

せめて、「後で見ようか」という気持ちを持ってもらえるようなチラシにすることが必要です。

 

そのためには1秒以内にお客様に何かを伝える必要があります。クーポンや割引、無料などはその最も足る例です。

 

とにかくお客様にとって気になるポスティングチラシに仕上がっていなければいけません。

 

しかし、商売の個性を出すのなら、無料やクーポンというのはどこでもやっていることなので、特別感を伝えにくくなってきています。

 

目にとめるという目的には「無料・クーポン」はいいかもしれませんが、もう一歩踏み込んだものを作り上げるためにはキャッチコピーを作成しなければなりません。

 

「○○町にお住いのあなたへ」などとポスティングチラシに入れておくと「私のことだ」と思い、目につく可能性が高まります。