ポスティングを効果的に【料金・ポイント・エリア設定】

ポスティングの苦労

ポスティングの苦労

人間が一枚一枚ポストにチラシを投函するポスティングには多くの苦労が付きまといます。ラクスルのように、印刷からポスティングまで丸投げできるようなところは良いですが、多くは自信の手で配る事業主さんが多いです。
その方が自分が考えているターゲット層にピンポイントでチラシを投函することができるからです。

 

例えばチラシを配布するタイミングなどもそれです。ピザや弁当などの宅配のお仕事をしている方ならわかると思いますが、注文が多いのは雨の日です。雨の日は車がないと買い物がたいへんです。それで買い物に行くのなら出前を取ろうかという考えになる人が多いからです。

 

ちょうどほしいときにチラシがあると、注文してみようという気持ちになります。このあたりも考えてポスティングを行うことで、少しでも効果が上がる可能性がアップします。

 

雨の日にポスティングを行うのはとても苦労します。しかし、それに見合った成果が得られるのなら有効な手段です。

 

そのほかにも配布に行くと様々な苦労があります。階段や坂道は当たり前です。中にはポスティングしていると、住民からクレームを言われることもあります。その時にも、きちんと対応しないと事業のマイナスイメージになることがあります。そのような要因に苦労しながらも配達員は懸命にポスティングしていかなければならないのです。

 

ポスティングを行っている時も、接客している時の気持ちを忘れてはいけないのです。一生懸命に配布している姿を見ることで、あなたのお店を訪れようと考える人もいるのですから。