ポスティングを効果的に【料金・ポイント・エリア設定】

悪いポスティングチラシ

悪いポスティングチラシ

店舗の宣伝でチラシを配布するポスティングを行って、売り上げを伸ばそうと考える事業主の方はとても多いと思いますが、私の周りに配られているチラシを見ていても残念なものが多数存在します。

 

商圏や、値段、業種、などをじっくりと調査して、自身にとってのベストのチラシはどのようなものかを考えることがポスティングチラシにとっての重要なことですが、ここでは残念なチラシ、悪いポスティングチラシ共通する部分を説明します。

 

チラシにとってのお客様へのファーストコンタクトは、見やすさです。何が書いてあるのか、どのお店のチラシなのかが一目でわかるようにしなければ、内容を読んでもらえない可能性がとても高いです。

 

小さな文字でごちゃごちゃと書いてあると、たいていの人は読む気を無くすものです。

 

他には書いてある内容に問題があるケースがあります。サービスの価格設定が高額で、その明細がわかりにくい場合には、読んだ人からすると敷居が高く感じてしまい悪いポスティングチラシの最も足る例だともいえます。

 

また、扱っているサービスに関係のない家にポスティングをしても無駄に終わることがお分かりいただけると思います。ちょっと考えると、無駄になるポスティングチラシがどのようなものかをお分かりいただけると思いますが、切羽詰まった状態でチラシを作成しようとすると、このような落とし穴にはまり込んでしまうことがあります。