ポスティングを効果的に【料金・ポイント・エリア設定】

ポスティングの効果と料金

ポスティングとは

事業の広告宣伝として爆発的な効果を発揮することができるのがポスティングです。
しかしやみくもにポスティングをしているだけではよい結果を得ることはできません。

 

実はポスティングの発祥は江戸時代に松坂屋が、ごひいきにしてくれている家々に宣伝文を配布したのが始まりだといわれています。

 

その時の広告文を「散らし」といったことから、今日のチラシになっているとも言われています。

 

ポスティングされる側としては、毎日のようにポストにチラシが入っていると、すべてに目を通すことさえもおっくうになってきます。中には内容を見ないでごみ箱へ捨てている方もおられることでしょう。

 

これもチラシの内容によっては、有効な客層を取り込むことができるのです。男性なら、スーパーのチラシなんかは内容も見ないで捨てることがほとんどだと思います。しかし、同じチラシでも女性なら内容を見たいなと考えることでしょう。

 

初めてだれの目に届くかを考えることで、同じチラシでもその有効性を上げることが可能なのです。

 

男性が帰宅する時間帯にスーパーのチラシを配布するのではなく、女性が帰宅する時間帯を狙って配布することで見てもらう確率、すなわち来店してもらう確率をポスティングで挙げることができるのです。

ポスティングのポイント

 

ポスティングのポイント

ご自身の商売の宣伝のためにポスティングを検討している方はとても多いと思います。しかし、費用がどれぐらいかかって、その効果はいかほどなのかを明確に答えることはできません。

 

ただ、効果を上げる要素はあります。それは、販売しているサービス・価格帯・商圏・チラシの見やすさ・もともとの評判・タイミングなどが大きな要素です。

 

業種にもよりますが、サービスや販売物の単価が比較的安いものや生活に密着しているものは、チラシの効果が出やすい傾向にあります。

 

また期日指定されているチラシのポスティングなどでも、期日を過ぎた後にチラシを持参で来店されることもあるので、継続して興亜があるともいえます。

 

そのサービスが必要だと感じた人は、そのチラシを大切に持っておきます。その時が来たらお願いしようと思っています。さらにポスティングチラシの中に特典などの情報が記載されていると、一度行ってみようかなという気持ちにさせる効果があります。

 

私自身の財布の中にも、来年までキャンペーン期日がる、インターネット乗り換えのポスティングチラシを小さくおって保管しています。

 

ネットの乗り換えは契約月があるのでそれ以外の付きで解約すると手数料を取られます。そのために一年先まで有効期限があるこのチラシを大事にしまっています。

ポスティングのエリア設定

 

ポスティングのエリア設定

行っている事業によってはポスティングの配布エリアを設定した方が、費用対効果が良くなります。

 

ポスティングをするからには、目標はチラシ回収率が高い方が言ことは当たり前です。

 

よくガソリンスタンドからのチラシがポストに入っていることがあります。週末前にポスティングをすることで、平均的に効果が出ることは実証されています。

 

ラクスルなどに注文することで、印刷からポスティングまでを請け負ってくれる事業もありますが、私の場合は自分のスタッフにポスティングをしてもらった方が、お客様との距離が縮まるし、細かな戦略を立てることができると考えています。

 

例えば、2世帯住宅だったり、車の保有台数が多いところなら、車の台数がお客様の数になります。そのためにそのご家庭には車の台数分のチラシを配布することがとても有効なのです。そのような配布先の特徴を知っておくことで効果的なポスティングができるのです。

 

配布エリアを決定するときに、エリアの特徴をあらかじめ知っているとの知らないのとではポスティングの効果に雲泥の差が出ます。

 

また、配布するエリアを選定するのは、ただ近所というだけの理由ではなく戸建てメインの住宅街なのか?車の所有率は?などの条件をクリアしていれば、少しぐらい離れていてもポスティングの効果を得ることができるのです。逆に近所でも車を所有してなければ効果を得ることはできないのです。

好印象のポスティング

 

好印象のポスティング

店舗の宣伝広告で利用するポスティングの最も重要なポイントは、チラシの内容にあります。内容が面白いものでないと、何枚配布位してもお客様からのリアクションはないです。

 

さらに、チラシ配布をしている期間のサービスを明確にする必要があります。今来店するとどのようなメリットがあるのか?その点をきちんと説明する日宇用があります。

 

チラシに記載されているサービスを求めて来店されたお客様が、サービスにどんな感想を持つかはあまり期待しない方がいいです。これは足を運んでもらうための手段なのです。

 

その時に、普段のサービスの質をお客様にみてもらうのが本当の目的なのです。次回の来店につなげるための戦略まで考えてポスティングするのが成功を産みます。

 

ポスティングによって来店数が多いときに、普段よりも人員を充実させておくことで、この店は流行っていてもサービスが行き届いているというイメージを持ってもらうことができます。

 

新規オープンの時ならなおさらです。最初にこけてしまうと、それを取り戻すのはとても難しくなります。地域住民の皆様がどのようにジャッジをするかによって、店舗の今後がかかっているともいえるでしょう。ポスティングはうまく使うことで良い結果をもたらすことができますが、その後の失敗もクローズアップされてしまいます。